生活

浄水器きよまろプラス使ってます!|ユーザーが教えるメリット・デメリット

きよまろプラスタイトル写真

 

 

蛇口取りつけ型浄水器で迷われていませんか?

 

このワードで検索すると「きよまろプラス」がよく出てくると思います。

 

なぜでしょうか?

 

ネットショップランキングで1位を取り、売れ続けているからです。

新聞やその他のメディアで広告を目にすることも多いですよね。

 

でも、ネットで調べると絶賛もあれば、アンチコメントも出てきます。

人気があるのは分かったけれど本当に良いものなのか心配になりますね。

 

今回は、そんな気になる「きよまろプラス」の確かな情報をお伝えします。

 

では、どうして「確か」なのか?

 

とし
10年以上使っている私がお伝えするからです!

どうも、管理人です!!

 

この記事でわかること

・ダイト薬品とはどんな会社
・「きよまろプラス」とは
・塩素除去能力はどうか
・水道水に塩素が使われるわけ
・実際使ってみてどうか
・メリット・デメリット

 

 

「きよまろプラス」を販売している「ダイト薬品」とは

 

1992年に宮城県仙台市に設立された配置薬販売の会社です。

配置薬とは「置き薬」のことです。

 

 

とし
薬箱ですね、なつかしい、、、。

使った薬の分だけ料金をはらうシステムです。

 

配置薬事業をしているということは地域密着型の企業です。

お客様のお宅を訪問して薬を補充するので、信用を大切にする企業ですね。

 

「ダイト薬品」はそんなお客様の声から1995年に浄水器事業も始めました。

同じ「健康」がキーワードなので、薬屋さんが浄水器を販売しても不自然ではありません。

 

2006年には蛇口取り付け型浄水器の「きよまろ」が販売開始されます。

2019年1月に「きよまろ」を含む浄水器の販売台数が50万台を突破しました。

2019年4月には「きよまろ」が「きよまろプラス」にモデルチェンジされました。

 

今手に入るのは最新型ということです。

 

 

 

「きよまろプラス」とは

 

今年の4月にモデルチェンジされた「きよまろ」の後継機種です。

 

商品名:きよまろプラス

ろ過流量:3.5L/分 総ろ過水量1,800L

寸法:幅106mm:高さ72mm:奥行129mm

最小動水圧:0.005MP

本体素材:ABS樹脂、ポリプロピレン

浄水能力:遊離残留塩素 除去率80%(JIS S 3201試験結果)

ろ過材の種類:セラミック、活性炭、不織布

カートリッジの取替時期目安
10L/日使用:6ヶ月
15L/日使用:4ヶ月
20L/日使用:3ヶ月
30L/日使用:2ヶ月

商品名:きよまろ

ろ過流量:3.5L/分 総ろ過水量1,800L

寸法:幅110mm:高さ69mm:奥行132mm

最小動水圧:0.005MP

本体素材:ABS樹脂、ポリプロピレン

浄水能力:遊離残留塩素 除去率80%(JIS S 3201試験結果)

ろ過材の種類:セラミック、活性炭、不織布

カートリッジの取替時期目安
10L/日使用:6ヶ月
15L/日使用:4ヶ月
20L/日使用:3ヶ月
30L/日使用:2ヶ月

 

変更点は本体のデザインが少し変わり、サイズが一回り小さくなったこと。

あとの基本的部分は変わっていませんね。

我が家は当然、先代の「きよまろ」です。

 

 

とし
汚れていたので洗いました、、、

 

「きよまろプラス」の塩素除去能力

 

浄水するところはあたり前ですがカートリッジです。

きよまろプラスには3種類のカートリッジがあります。

 

用途別に、標準・高除去用・低水圧用の3種類あります。

最初ついてくるのは標準カートリッジです。

カートリッジの料金は全部同じです。

ただし、高除去用・低水圧用は交換時期が早くなります。

 

標準と低水圧用カートリッジは塩素のみの除去。

高除去用カートリッジは塩素+鉛・農薬・カビ臭の除去。

 

日本は世界的に見ても水道水が直接飲める数少ない国です。

それだけ浄水場の基準が厳しいわけです。

 

だからといって水道水を直接飲んでおいしいかといわれれば?ですね。

とりあえず塩素(カルキ臭)を何とかしたいと思いますよね。

 

きよまろシリーズのカートリッジは、3種のろ材で塩素・雑菌を強力に取り除きます。

 

 

この高性能カートリッジのおかげで「きよまろプラス」はいろいろな恩恵を受けているわけです。

のちに説明しますが、ろ過水の流量が多かったり、ろ過水にお湯が使えたり重宝します。

 

これは大げさではなく普通に実感できることです。

 

 

水道水に塩素が含まれるわけ

 

なぜ水道水にはあの嫌な臭いの塩素が使われるのでしょうか?

 

日本の水道水の水質基準の項目は51個あります。

これは世界的にみても厳しく、日本が水道水を直接飲める数少ない国であることに貢献しています。

ちなみにミネラルウォーターの水質基準の項目は18個です(^_^;)

 

水道水を塩素で消毒する理由は大腸菌などの病原微生物を取るためです。

 

もちろん人体への影響を及ぼさない程度の微量が添加されます。

まれにデリケートな人は肌荒れしますが、塩素による健康被害はごくわずかだといわれています。

 

塩素を使うことは衛生上仕方がないことなんですね。

 

しかし、あのカルキ臭だけは取り除きたいです。

飲み水はもちろん、お茶やコーヒー、料理の味も変わってしまいます。

 

浄水器で塩素除去した水は雑菌が繁殖しやすいので、保存する場合は冷蔵保存で早めに使い切りましょう。

 

 

 

 

「きよまろプラス」を使ってみて

 

とし
レビューは旧型の「きよまろ」になります。

サイズが一回り大きいだけであとの機能は変わりません。

 

取り付け

 

女性でもかんたんに取りつけできます。

一般的な蛇口に対応するアダプターが付属されています。

ただし、取りつけできない蛇口の形状があります。

まずは自宅の蛇口を調べてからですね

「きよまろプラス」取りつけガイドはこちら

 

サイズ感

 

慣れたせいもありますがジャマに感じたことはありません。

一時期、カートリッジがタテに装着された浄水器を使ってたことがあります。

あれは、何かにつけ鍋やフライパン、食器がカートリッジにぶつかりストレスがたまりました。

ぶつけると取り付けのネジがゆるんで、そのつど締め直す感じでです。

 

私も料理をしますがシンク廻りの導線って大事ですよね。

新しい「きよまろプラス」はさらにコンパクトなので使いやすいと思います。

 

 

ろ過水について

 

ろ過流量

標準カートリッジでろ過流量が1分間に3.5Lです。

もう調べた方もいると思いますが他社よりもはるか多いです。

 

ろ過流量とは、ろ過した水がどのくらの勢いで出てくるかということです。

よくあるのが、原水からろ過水に切り替えるとチョロチョロしか出なくなること。

 

これはイライラしますね。

 

「きよまろプラス」に限ってはイライラはほとんど感じません。

原水の勢いを100とすれば、ろ過水は90くらいですかね。

 

ろ過水温

60度までのお湯が使えます。

お湯を沸かしたり、料理がスピーディーにできますね。

あと、肌荒れしやすい人はお湯で洗い物もできます。

水が冷たい冬場に重宝しますね。

 

他社は35度までの上限が多いです。

私はこのことを最近知りました。

お湯だろうが気にしないで使っていたわけです。

 

ろ過水の切りかえ

切りかえはボタン式なので手早く切りかえできます。

使い勝手でここは大事なポイントです

また、水流は原水・ろ過水ともにレバー切りかえでシャワーになります。

他社製はろ過水はストレートのみが多いです。

 

捨て水

使わないとき浄水器内部に溜まった水に微生物が発生します。

他社製は使いはじめに水を少し出す捨て水をします。

「きよまろプラス」は殺菌セラミックの効果で捨て水不要です。

これも知らずに使ってましたね。

他社製より面倒くさくないわけです。

 

 

カートリッジについて

 

カートリッジ交換

右側のカーバーを下方向にクルッと回してカバーを外します。

コツも何もいりません、クルッとやるだけです。

それからカートリッジをつまんで引っぱり出します。

新しいカートリッジは、そのまま逆の工程で入れていけば大丈夫です。

 

 

 

 

カートリッジ定期送付サービス

これが「きよまろプラス」を選んだ最大の理由かも知れません。

毎月交換時期にカートリッジを送ってきてくれるサービスです。

交換時期を忘れたり、カートリッジを買い忘れることもありません。

 

また、故障したときの本体無償交換・2年ごとの申し出による本体無償交換が受けられます。

 

もちろん定期送付サービスは強制的ではないのでご安心を!

 

私は家内と2人暮らしなので口座引き落としの月々1,150円コースです。

年間で13,800円払っていることになります。

決して安くはないですよね。

でも、高いかといわれてもこんなもんかなという感じ。

10年以上使っているということはそれなりに満足しているからですね。

 

コース 毎月の料金(税込) カートリッジ送付サイクル 交換目安
A 1,150円 4カ月に一度の送付 1人~2人(15L/日)
B 1,460円 3カ月に一度の送付 3人~4人(20L/日)
C 1,975円 2カ月に一度の送付 5人~6人(30L/日)
S 3,065円 1カ月に一度の送付 7人以上(60L/日)
D 845円 6カ月に一度の送付 単身・オフィス用(10L/日)

※他に代金引換とクレジット払いのコースもあります。

カートリッジ定期送付サービスはこちら

 

カートリッジ定期送付サービス注意点

・口座引き落とし・代金引換・クレジット払いともに最低契約期間は2年

・2年目以降は、双方の申し出の無い場合同条件で自動継続。

口座引き落とし契約のみ中途解約手数料あり
(24ヶ月未満での解約の場合、残月数の半額が解約手数料となる)

例えば私のコースを12カ月でやめるたとすると、解約手数料は13,800円÷2で6,900円になります。

※解約手数料は3年目以降は発生しません。

 

 

「きよまろプラス」のメリット・デメリット

 

 

とし
10年以上使用している私の感想です!

 

「きよまろプラス」のメリット

 

初期投資が安い

 

お試し価格で本体+カートリッジ1個つきで送料+税込み1,980円です。

これは同クラスの他社製品と比べてもかなりお得ですね。

浄水器を始めるハードルが低いかと思います。

 

塩素は充分に取れる

 

本体に塩素の検査試薬が同梱されています。

実際に試してみると、今まで飲んでいた水におどろかされます

決して人体に害がある塩素量ではないのですが、、、。

 

コンパクトで取り回しが良い

 

正直、最初本体を見たときは思っていたより大きいと思いましたね。

今では何も感じませんが、同クラスの他社製よりは同じくらいかむしろコンパクトです。

 

品名 高さ 奥行
きよまろプラス 106mm 72mm 129mm
トレビーノ カセッティ MK203X 149mm 112mm 93mm
クリンスイCSP801 126mm 79mm 112mm

 

また、カートリッジを水平に取りつけるのでジャマになりません。

「きよまろプラス」はさらに小型化されていますね。

 

水がまろやかになる

 

ツイッターなどの口コミでほとんどの人が評価しているところです。

カルキ臭がとれ、あきらかに水の感じが変わります。

これが「きよまろプラス」の評価が高い理由かも知れません。

 

分かりやすい変化を体感できます。

 

塩素独特のピリッと感じる刺激はなくなります。

また、御飯は口コミでいわれているようにおいしく炊けます。

切りかえ忘れて原水で炊くと、フタを開けたときに嫌な臭いがするので分かります。

御飯もベトつく気がしますね。

 

ろ過水量が多くお湯も使える

 

これは他社製品にないカートリッジの強みですね。

慣れるとあたり前に感じますが、他社製品は制約がもっと多いということです。

浄水器をつけているデメリットでイライラしなくて済むわけです。

とくに塩素に弱く手荒れする人の冬場の洗い物に重宝します。

 

ろ過水のシャワーが使えて捨て水もなし

 

あたり前のように思ってましたが、これも他社製品にはできないものが多いです。

浄水器をつけていることを忘れて普通に使えます。

 

カートリッジ定期送付サービスがある

 

やはり、交換時期を気にせず手元に届く利便性があります。

故障時の無償交換や2年ごとの無償交換も魅力です。

 

「きよまろプラス」のデメリット

 

カートリッジの価格が高い?

 

これも多い口コミです。

中には性能のわりにカートリッジが高いという口コミもあります。

実際使ったことがなくカタログ数値で判断している口コミが多いですね。

 

価格は満足度に比例するので基準は人それぞれです。

しかし、使ってみるとあきらかに効果があらわれます。

 

私の場合はそんなに高いとは思わなくなりました。

もちろん安いに越したことはないのですが、、、。

 

例えば、ライバル機種であろう東レ・トレビーノ カセッティ MK203Xの場合。

専用カートリッジMKC.X2Jは、総ろ過水量900Lが2本入りで5,815円です。(2019/11/11Amazon調べ)

きよまろシリーズの標準カートリッジは、総ろ過水量1800Lで送料+税込1本4,700円です。(送付サービスではない単体の値段)

 

もちろんもっと安いメーカーもあります。

 

カートリッジ定期送付サービスに縛りがある

 

定期送付サービスを選択した場合最低2年の契約になります。

思いっきり割り引いてくれるならともかく、2年は長すぎると思いますね。

とくに口座引き落としの場合は違約金が発生します。

これは非常に残念なポイントです。

 

利便性から多くの人が利用すると思うので何とかして欲しいところです。

 

蛇口に合わず取りつけられないときがある

 

これも意外に多い口コミです。

とくに新しいタイプのオシャレな蛇口とは相性が悪いみたいです。

まずは取りつけガイドをよく見て確認してから購入を決めましょう。

「きよまろプラス」取りつけガイドはこちら

 

「きよまろプラス」まとめ

 

 

とし
私が「きよまろプラス」をおすすめする理由をまとめます!

 

ろ過水のおいしさを実感できる

コンパクトでジャマにならない

ろ過水の勢いがほとんど落ちない

ろ過水でお湯とシャワーが使える

浄水器をつけているストレスがない(➁~④の理由で)

カートリッジ送付サービスが便利(ただし縛りあり)

導入費用が安い

 

「きよまろプラス」詳しくはコチラ

 

 

とし
1カ月以内なら返品・返金保証があります。

まずは数週間使ってみるものアリですよ!

違いが分ります!!

 

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございました!!

 

-生活
-

Copyright© 倹約ライフ.com , 2020 All Rights Reserved.